第8回マイクロ・ナノ工学シンポジウム

menu

概要

開催趣旨

マイクロ・ナノ工学部門は、マイクロ・ナノメートルの領域における工学・理学に機械工学がさらなる主体的貢献を行うことを目的とし、 マイクロ・ナノ工学専門会議を前身として横断的な活動をさらに進めるために2012年4月に発足した新しい組織です。本年度も、部門大会として「第8回マイクロ・ナノ工学シンポジウム」を開催いたします。

第7回マイクロ・ナノ工学シンポジウム、昨年度正式部門化を記念して開催された国際シンポジウムでは、幅広い分野から160件以上の口頭・ポスター発表を得て、活発な交流を行いました。

第8回目となる本シンポジウムでは、電気学会センサ・マイクロマシン部門主催第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム、応用物理学会集積化MEMS技術研究会主催第9回「集積化MEMSシンポジウム」、ならびにエレクトロニクス実装学会および電子情報通信学会との連携セッションも同時開催されます。マイクロ・ナノ工学シンポジウムに参加登録されますと、これらの同時開催シンポジウム、セッションの講演、行事に参加できます。さらに、今年度から一般講演を全てポスター発表としました。これにより、マイクロ・ナノ工学部門はもちろん、他学会、他分野の研究者・技術者とのより一層密な交流ができる場となっております。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。さらに、優秀な講演・ポスター発表を行った研究者の中から、日本機械学会若手優秀講演フェロー賞、優秀講演論文表彰、若手優秀講演表彰などを選考し、後日授与する予定です。皆様の積極的な論文投稿、参加をお待ちしております。

実行委員会

実行委員長

三木則尚(慶應義塾大学)

プログラム委員長

宮崎康次(九州工業大学)

実行委員
  • 井上修平(広島大学)
  • 太田裕貴(横浜国立大学)
  • 尾上弘晃(慶應義塾大学)
  • 角田直人(首都大学東京)
  • 菅 哲朗(電気通信大学)
  • 桑名健太(東京電機大学)
  • 米谷玲皇(東京大学)
  • 鈴木宏明(中央大学)
  • 巽 和也(京都大学)
  • 長澤純人(芝浦工業大学)
  • 長藤圭介(東京大学)
  • 生津資大(愛知工業大学)
  • 森本雄矢(東京大学)

募集分野一覧

  1. 精密機械・潤滑・設計
    ナノトライポロジ、位置決め、ナノ振動子、ナノ液膜など
  2. 材料力学・強度
    薄膜の強度と信頼性、マイクロ・ナノ材料の機械特性、材料試験の標準化など
  3. 流体力学
    希薄気体効果、半導体プロセスのシミュレーション、マイクロバブル、マイクロ・ナノ流動の画像計測、マイクロポンプなど
  4. 熱工学
    ナノスケール伝熱、ナノチューブ・ワイヤ、マイクロバブル、マイクロ科学分析、マイクロエネルギーなど
  5. 生産加工・機械材料
    MEMS技術、マイクロ・ナノ機械加工技術、表面改質、レーザー加工など
  6. ロボティクス・メカトロニクス
    センサ・アクチュエータ、バイオマニピュレーションなど
  7. 医療・バイオ
    ラボオンチップ、再生医療、細胞工学、生体材料など
  8. マイクロナノシステム
    IoT、センサネットワーク、スマートデバイスなど
  9. その他
    マイクロ・ナノスケールの機械工学関連分野